Businessman at work

独自の路線をいくこと

a beauty girl working on laptop

出版業界が苦境に立たされていることは多くの人が知っているでしょう。若者の本離れが起こっており、全く売れない状態になっているです。この本離れが年々、深刻化しているのをご存知でしょうか。
本離れと頻繁に言われるようになったときは、小説やビジネス書などが中心となっていました。ですが、最近では雑誌も売れなくなっているんです。今の若い世代は雑誌すらも購入しなくなっているんです。ですから、歴史のある雑誌が廃刊していることも多くあります。
雑誌が売れなくなった背景には、インターネットの普及があります。昔であれば、雑誌でしか得ることができなかった情報もインターネットを利用することで簡単に手に入れることができるんです。ですから、わざわざ雑誌を購入する人が減っているんです。ですが、そんな中でも安定した人気を誇る雑誌もあります。その一つが裏モノジャパンです。
多くの雑誌が苦境に立たされる中で裏モノジャパンの人気が安定している理由はい、インターネットで得ることができない情報が掲載されているからです。裏モノジャパンに掲載されている情報の多くは、インターネットを駆使しても、なかなか見つけることがないものです。ですから、裏モノジャパンを購入するしかないんです。
本離れが深刻化している中でも、裏モノジャパンのような雑誌はいくつか存在しています。この苦境を乗り越えるためには、裏モノジャパンを見習って、独自の情報を掲載していくことが必要となるでしょう。