Businessman at work

独自の路線を走るもの

a woman with laptop

昔と比べると、テレビや雑誌がつまらないものになっていると言われています。その原因となっているのは間違いなく自主規制でしょう。SNSの普及により、少ししたことでも一気に世界中に広がるようになっています。これまで大して問題になっていなかったことでも、大きな問題となってしまうことがあるんです。
実際にテレビ番組の企画や、番組内での発言はSNSで拡散してしまい、大きなクレームに繋がるというケースも増えています。雑誌などの同様のことが起こっています。
制作側はこういったことを懸念するあまりに、自主規制を強めてしまっています。少しでも問題がありそうなものは最初から作ろうとしないんです。そうなれば、テレビ番組も雑誌も当たり障りのない内容のものばかりになってしまいます。そうなれば、面白くない内容になるのは当然のことなんです。
ですが、そんな時代の流れに左右されることなく独自の路線を貫いている雑誌があります。それは裏モノジャパンです。裏モノジャパンに自主規制という概念はありません。面白いと思ったものを世間の目などを気にすることなく続けているんです。
自主規制のない裏モノジャパンはやはり読み応えがあり、面白いものです。テレビ番組や他の雑誌とは全く違ったものとなっているんです。ですから、時代が変わっても裏モノジャパンの人気が衰えることはないんです。
裏モノジャパンの姿勢は今後も変わることはないでしょう。自分たちが面白いと思うことを続けて読者の期待に応えていくでしょう。全てのメディアは裏モノジャパンの姿勢を見習うべきでしょう。そうすれば、視聴者や読者は戻ってくるはずです。